アトピーの治療は薬にとスキンケア、日常生活の改善

アトピーの治療は薬にとスキンケア、日常生活の改善

アトピーの治療は薬にとスキンケア、日常生活の改善

アトピーを持っている人はどれだけ抑えたくてもかゆみが我慢できずに身体をかいてしまって、肌荒れを起こしてしまうという人がとても多いと思います。

 

これ以上、アトピーを悪化させないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

残念ながらアトピーを完治させるのは現代医学では非常に困難です。

 

但し、適切な治療を行えば症状をコントロールできて、美しい肌を保つことは十分に可能ですし、いい状態の肌を継続していると自然に治っていることがあるのです。
今日アトピーの治療法にはガイドラインが存在しています。

 

それによるとアトピーの治療は薬の使用とスキンケア、日常生活の改善が必要となってきます。

 

治療は炎症を抑える働きを持つステロイド外用薬と、タクロリムス外用薬が主に使用されます。

 

ステロイド外用薬は体内の副腎皮質ホルモンという炎症や免疫反応を抑える効果を持つホルモンと同じような働きを持っています。強さは5ランクに分けられています。

 

副作用はありますが、医者からの指示通りに使用していれば副作用が現れるということはないです。大きな副作用が出てしまう時は内服薬も飲んでいる時です。

 

そして、タクロリムス外用薬はステロイドとは違う働き方でアトピー性皮膚炎の炎症や免疫反応を抑えてくれます。刺激が強い場合があります。

 

どちらがいいのかは湿疹の状態で選択します。

 

薬は1日2回朝と晩に塗ります。

 

どれだけヒドくてもちゃんと外用薬を塗っていると皮膚は綺麗になるんですよ。但し、アトピーは再発が非常に多いです。

 

それで今日では炎症が収まったらいったん薬を止めて保湿薬でスキンケアに変えて再発したら薬を使用するのが一般的だったのを症状が無くなっても抗炎症外用薬を週に2回など定期的に塗布し続けるのが広まってきています。

 

これによって見えない炎症を早く抑えられる治療となって、とても期待されています。皮膚科で受けることが薦められている治療法でストレスも減るのでオススメです。


ホーム RSS購読 サイトマップ