キメ・ツヤ・ハリは潤いのある肌だからこそ実現できる

キメ・ツヤ・ハリは潤いのある肌だからこそ実現できる

キメ・ツヤ・ハリは潤いのある肌だからこそ実現できる

美肌の条件として多くの人が上げるのが「潤いのある肌」なのではないでしょうか?
キメ・ツヤ・ハリといったものは潤いのある肌だからこそ実現できる物です。

 

そんな潤いのある肌にしていくにはどうしたらいいのでしょうか?
乾燥する肌にならないようにしていく鍵は角質層にあります。

 

角質層にはバリア機能と保湿機能という肌の保湿には欠かせない役目があります。
この角質層の状態がいい人は肌が非常に美しい状態であるといえるのです。

 

その状態は弱酸性で、水分を保持するNMF(天然保湿因子)が十分存在していて、細胞間脂質が十分あり、すき間がない状態であることを指してます。
では、そのような状態の角質層を作り出すには一体どうしたらいいのでしょうか?

 

それは肌のターンオーバーの周期を綺麗に保っていくことです。
肌のターンオーバーは通常約28〜56日です。

 

これが、乱れていると肌はどんどんボロボロな状態になってしまいます。

 

ターンオーバーのサイクルが短い状態になってしまうとバリア役となっている表面の細胞がはがれてしまいます。
そうなってしまったら表面には十分な防御力を持っていない未熟な細胞の肌が外界にさらされてしまいます。

 

そんな細胞で出来た肌は当然ながら十分に外からの刺激から大きなダメージを受けてしまいます。

 

その結果、肌荒れや乾燥、バリア機能の低下が起こってしまいます。

 

肌が荒れてしまうのを防ぎたいからと念入りに洗顔をするという人もいるかもしれませんが、過度の洗顔を行ってしまうとターンオーバーのサイクルを短くしてしまう原因となってしまうので注意をしていきましょう。
逆に長過ぎても剥がされないと行けない古い角質が表面に留まってしまいます。

 

そうなってしまうと肌は透明感も無くなりますし、くすみも発生します。
こういったことの原因は冷えや老化、外部刺激にあります。

 

角質を柔らかくして剥がれやすくする手入れをして、ターンオーバーを保ち潤いのある肌を保ちましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ