美肌を目指すなら、ケアは10代から!

女性なら、歳を重ねても美肌であり続けたいものです。「若いから大丈夫」と思うのは禁物です。

 

 

私には高校3年生の娘がいますが、毎日自転車で学校に通っています。日焼け止めを塗って行きなさいと、いくら注意しても何も塗らずに一年中朝日を浴びて
登校しています。おかげで娘はそばかすがたくさんできてしまっています。一度できたものは、簡単に消すことができないのに。

 

日焼けは厳禁!どんなに時間がなくても日焼け止めだけは忘れずに!

 

私も娘のことばかり言えません。なぜならその娘が幼稚園に行っている時、朝は忙しくて毎日スッピンで幼稚園バスのバス停まで歩いていました。
数年間毎日です。それが原因で、私の顔はシミがいくつかできてしまいました。
「美白もの」の化粧品は、何種類も試しました。どれも効果がなかったです。いっそのこと、レーザーで消したいと思う、今日この頃です。

 

美白、アンチエイジングの前に、まず保湿!

 

日焼けでできたシミは、これ以上増やさないようにし、次に重要なことは、保湿だと思います。
美白もアンチエイジングも、まずは保湿を完璧にしてからではないと、始められないと思っています。

 

私は一年中、どんなに暑い夏でも保湿には力を入れています。室内にいると、クーラーで肌は簡単に乾燥してしまいます。
乾燥は、シワの原因になってしまいます。常に肌が潤っている状態を保つには、自分にあった工夫が必要だと思います。

 

私は自分の肌の状態をまず観察します。スキンケア商品は、いろいろな種類を常に揃えていて、乾燥を強く感じる時は、美容オイルを主体としたものを
選び、夏の暑い時はサッパリタイプの化粧水を使いますが、徹底的に化粧水を肌に入れ込みます。水分で肌を満タンにします。
その時の肌の状態や、季節に合わせてスキンケアをしています。

 

保湿に力を入れることで、アンチエイジングにつながると思います。シワはできにくくなりますし、潤いにみちた肌はバリア機能を発揮し、
花粉などから肌を守ってくれます。トラブルが起きない肌=美肌だと思っています。

 

年齢を重ねた今、スキンケアが楽しくもあり、過去の自分の行いを後悔したりしていますが、娘には後悔して欲しくないのです。
というわけで、美肌を目指すなら10代から、まずは日焼けをしないことだと思います。そして保湿も重要です。

このページの先頭へ戻る